債務人は短期にはお金が手に入れられますがそ

週刊誌の宣伝広告、ゴシップ紙、電柱に見られる宣伝チラシやダイレクトメールで「債務の合理化任せなさい」「負債を統合したくないですか」などといった売り文句を目に入れることがよくあります。

こういうのは、「整理屋」「買取屋」「紹介業者」と呼ばれている会社の宣伝のケースがあるということです。

こういったものを使ったときには自己破産プロセスの中で一番大切な免責認可を得られない危険性も存在します。

「整理業者」とはビラなどで債務者を集め法外な料金を受けて負債整頓をするのですが実際のところ整理はされず、当人はもっと負債スパイラルにはまってしまう結末が大方と予想されます。

「買取業者」は、負債者の借金で電気製品、何らかの利用券をたくさん注文させて依頼者からその商品を値段の2割もしくは額面半額で買取るという方法のようです。

債務人は短期にはお金が手に入れられますがそのうちクレジット企業からの商品価格の請求が届くことになり、実際は借金を増額させるだけです。

この場合はカード業者に対する詐欺行為として免責判定を手に入れられません。

「紹介者」の場合は大口のサラリーマン金融から貸してもらえなくなった債務者について、直接的な提供は一切せずに、資金提供を可能な違う業者を知らせ、高い経費を取っている企業です。

紹介屋は自らの手続きで金貸し可能になったかのように会話しますが本当は何もしておらず単純にルールのゆるい店を説明しているだけなのです。

この場合だと実際は借金を増加させることになります。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.bardotichico.com All Rights Reserved.