ダイナースなんかのカードなら

商店でみなのクレジットカードが切れるのではありません。

■クレジットカードの契約店はおおむね、たくさんのクレカ運営会社と契約しているんですが残念ながら契約店舗で一切の会社の所有クレジットカードが使用できるんではありません。

昔ながらのショップの際だとJCBロゴの入っているそのクレジットカードしか切れないときもありますし今日日の商店ならばビザやMasterCardといった印の書いてあるカードしか使用不可なときもあるでしょう。

ダイナースなんかのカードなら、よけいに切れない場所が増えるはずです。

どのブランドのカードが使えるかどこで見分けたらいいものか「それならいかなる方法で何のブランドの所有カードが使えるか確かめたらいいのか?」といってみても、確実に見るのには店舗の誰かに確認してみるのみ、ていうのが正直ながら正しい回答です。

とはいってもほとんどのお店やホテルには見える部分に決済可能なクレカのサインが書かれた加盟シールが付けられているから、「そうか、その店舗ではJCBが使用可能なのだな」といった感じで不安にならないようにされているため記憶にとどめておいていただきたい。

反対に、しっかり管理が出来ていないお店で用いる際にはロゴステッカーが貼り付けられているのに「うちでは××クレカは決済いただけません」といった案内を受けてしまうなんてこともあり、困惑してしまうことだけは避けたいところです。

そこで、できる限りは全部の加入店でクレジットカードが決済できるようにする目的で、異なるグループ(国外マーク)がある一般的なビザカードというようなクレジットカードを2枚以上持つようにしたほうがよいと思います(例:ニコスカードをすでに持っているならもう一枚はディスカバーカードがついているクレカを使用するとする等)。

特に国内においてはVISA、MasterCard、JCBの3つのロゴが書いてあるクレジットカードをいつも使っていればほぼ全国のカード決済可能店舗で3枚のうちどれかのクレカを提示することができます。

クレジットカードを契約して有効的に節約を目指すためにはきっちりと上記のクレジットカードを所有しておいて損はないと思います。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.bardotichico.com All Rights Reserved.